高橋やすし公約進捗状況

 2 0 1 1 年 5 月に市長に就任して以来、目標とする都市像を「笑顔あふれる安心快適空間 未来に躍動する魁のまち・水戸」とし、様々な事業を展開してまいりました。 そして2期目の4年間においても市民の皆様のご協力をいただき、公約実現に向けて努力してまいりました。
 そこで高橋やすしのこれまでの仕事ぶりについて説明責任と情報公開を果たすべく、 主な公約の進捗状況をお示しさせていただきました。達成できた公約もあれば、いまだ途半ばの公約もあります。
 実現できていない公約については、その原因をしっかり分析し、引き続き力強く取り組んでまいります。
 今後とも公約実現に向けて全力を尽くしてまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

高橋やすしの主な実績

●保育所定数増(3,469人→6,096人)
●保育所待機児童大幅減(2018年4月1日現在30人)
●幼小中すべての教室にエアコン設置完了
●学力向上サポーター全校54名配置
●開放学級受入児童拡大(小4まで全校、小6まで14校)
●子どもの医療費助成高校生まで拡大(高校生は入院費のみ)
●休日夜間緊急診療所365日体制構築
●地域高齢者支援センター8か所開設
●子ども発達支援センター開設(18歳まで対応)
●東海第二発電所に係る新協定締結(事前了解権獲得)
●フルマラソン(水戸黄門漫遊マラソン)の実現
●観光入込客数増(2017年実績396万6千人)
●市税収納率向上87%→95%(7年間で166億円増収)
●4大プロジェクト国補助金等獲得
【総事業費853.5億円に対し水戸市の実質負担279.4億円(32.7%)に抑制】
●市長給与20%カット継続(8年間で約3,640万円削減)

4大プロジェクトにおける事業費と水戸市負担について

zu1

   水戸市役所新庁舎、新ごみ処理施設、新市民会館、東町運動公園新体育館の4大プロジェクトについては、 事業費の縮減及び国や県からの補助金等獲得に努力した結果、事業費853.5億円に対し、水戸市負担額は279.4億円となり、 事業費の3分の1以下に抑制することができました。〈図1参照〉
 また懸念されている公債費や市債残高の推移も2021年度にピークを迎えますが、その後は減少傾向になる見込です。

後年度に全額交付税措置される臨時財政対策債等を除けば、市債残高は2004年度のピークを越えることもございません。


したがいまして将来世代に過度な負担を残すことなくこれらの事業を推進することができます。〈図2参照〉 zu2





 今後とも財政規律を堅持し、安定的な行財政運営に努めてまいります。 詳細につきましては水戸市ホームページ「4大プロジェクトの財政計画及び「みと財政安心ビジョン」をご参照ください。

1.未来を担う子供たちを大切に育てます!

①民間保育所新設による待機児童ゼロ
目標【待機児童ゼロ達成(2019年度)】
〇待機児童数:39人(H23.4.1)、158人(H27.4.1)、30人(H30.4.1)
〇保育所定員:H23年度 3,469人、H27年度 4,121人、H30年度末 6,096人 2,627人増(H23→H30)
②子育て支援・多世代交流の推進
目標【わんぱーく・みと、はみんぐぱーく・みとを中心とした多様な子育て支援、多世代交流の拡充】
H26年度 〇わんぱーくみと等の利用者数:107,925人 〇市民センター子育て広場:11か所
H29年度 〇わんぱーくみと等の利用者数:102,518人 〇市民センター子育て広場:19か所
③地域における子育て支援サービスの充実
目標【地域における子育て支援拠点数(20か所 市民センター等の利用)】
〇子育て支援拠点数:17か所(H27.5)(公立保4か所、民間保10か所、その他3か所)
         :15か所(H30.12)(公立保4か所、民間保8か所、その他3か所)
④生活スタイル、ニーズに合わせた子育て環境の充実(地域型保育の充実)
10_1
目標【小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業者内保育の拡充】
〇家庭的保育事業(保育ママ):5か所(H27)、7か所(h30.12)
〇小規模保育施設:12か所
⑤子育て総合サービス、相談体制の強化
目標【子育てナビゲータの新規配置】
〇子育て支援相談員新規配置、利用回数:95回(H27)130回(H30.12)
⑥ママと赤ちゃんの元気な歯を守る事業
目標【乳幼児、妊婦歯科健康診査の継続実施】
〇歯科健康診査受診者数(受診率)
H26年度 〇2歳児歯科健康診査:1,758人(73.4%) 〇妊婦集団歯科診査:393人(14.6%)
H29年度 〇2歳児歯科健康診査:2,061人(84.4%) 〇妊婦集団歯科診査:844人(35.6%)

2.子どもたち一人一人の学びと夢を応援します!

①個に応じた教育の提供
目標【習熟度別学習の確立による学力向上】
さきがけプラン
(H27)  〇学力向上サポーター:49名 〇放課後の学力サポート事業:7校 〇次世代エキスパート育成事業
(H30.12)〇学力向上サポーター:54名 〇放課後の学力サポート事業:18校
     〇次世代エキスパート育成事業(新規講座:ICTエキスパートコース)
     〇学習定着状況調査の実施(小6、中2)
②水戸スタイルの教育の推進
目標【個性と能力を伸ばす教育の推進】
(H27)  〇中学生:職業体験等の実施 〇オール・イン・イングリッシュ授業の推進 〇英語指導助手:39名
(H30.12) 〇中学生:職業体験等の実施 〇オール・イン・イングリッシュ授業の推進 〇英語指導助手:39名
      〇イングリッシュキャンプ:参加者数169名(小6)
目標【水戸の歴史、自然、文化、地域の人材を生かした教育の推進】
まごころプラン(H27&H30.12)
〇歴史:水戸教学(まごころタイム) 〇自然:船中泊を伴う自然教室の実施
〇芸術:芸術館と連携した芸術教育の推進
〇地域:「チーム魁」等の観光ボランティアの実施、次世代防災リーダーの育成
③放課後児童の安全な居場所づくり
目標【開放学級の受入児童拡大(小学6年生まで)】
H26年度末 〇開放学級登録者数:2,619人、定員:2,335人
H30年度  〇開放学級登録者数:3,213人、定員:2,375人
      〇全小学校で4年生まで受入れ、6年生まで受入れ:14校/33校 待機児童者数:116人(H30.12.1)
④世界で活躍できる人材育成
目標【全保育園、幼稚園、小中学校へのオール・イン・イングリッシュ授業の導入】
(H27)  〇小・中学校 オール・イン・イングリッシュ授業の実施 〇英語指導助手:39人
      〇市立保育所、幼稚園:英語遊びの実施
(H30.12) 〇小・中学校 オール・イン・イングリッシュ授業の実施 〇英語指導助手:39人
      〇イングリッシュキャンプ:参加者数169名(小6)
      〇市立保育所、幼稚園:英語遊びの実施
⑤快適な教育環境整備
目標【全幼稚園、小中学校への空調整備(H30年度完了)】
空調設置:幼稚園、小学校設置完了 中学校(1校)設置完了
目標【洋式トイレの改修の推進】
洋式化率
(H27)  〇全 体:36.90%(校舎37.61%、屋体26.58%)(H29年度)〇全体:40.88%(校舎41.42%、屋体33.33%)
      〇小学校:39.28%(校舎39.57%、屋体34.69%)      〇小学校:42.09%(校舎42.35%、屋体38.24%)
      〇中学校:32.10%(校舎33.60%、屋体13.33%)      〇中学校:38.49%(校舎39.56%、屋体25.40%)

3.誰もが生き生き、安心できる暮らしを支えます!

①元気な高齢者を増やす事業(健康づくり、介護予防の推進)
目標【元気アップ体操、シルバーリハビリ体操事業の充実】
(H27)  〇元気アップ体操参加者数:延24,863人 〇シルバーリハビリ体操参加者数:延27,959人
(H30.12) 〇元気アップ体操参加者数:延26,232人 〇シルバーリハビリ体操参加者数:延33,788人
目標【要介護認定を要しない高齢者(3,000人増)】
11_1
〇H26年度末:53,155人   H29年度末:56,478人(3,323人増)
②高齢者が安心して暮らせる環境づくり
目標【特別養護老人ホーム(320床増)】
〇H26年度末:20施設 1,271床
〇H29年度末:23施設 1.521床(250床増)
目標【老人保健施設(100床増)】
〇H26年度末:11施設 938床
〇H29年度末:12施設 1.038床(100床増)
③住み慣れた地域で安心して暮らせる体制の強化(地方包括ケアシステムの強化)
目標【水戸市安心・安全見守り隊の拡充】
〇H26年度末:88団体
〇H30.12末:174団体
目標【地域高齢者支援センター設置(8か所)】
〇H27:地域包括センター、地域支援センター(8か所)
〇H30.12末:地域包括支援センター、地域支援センター8か所(職員3名増)
④高齢者移動支援の推進
11_2
目標【高齢者等移動手段の確保】
〇H30.12末:国田号、大場号運行
⑤高齢者の健康な歯を守る事業
目標【高齢者在宅歯科検診の実施】
〇H27:寝たきりの高齢者へ訪問歯科相談
〇H30.12末:寝たきりの高齢者へ訪問歯科相談の実施、歯つらつ講座の実施
⑥障害者が安心して暮らせる環境づくり
目標【(仮称)水戸市子ども発達支援センターの整備】
〇H30.12末:子ども発達支援センター(すくすく・みと)開設
目標【市障害者共同受発注センターによる収入拡大に向けた取組の推進】
〇H27年度:市内B型事業所平均工賃:月額14,686円
〇H29年度:月額15,778円

4.訪れたいまち、水戸の新たな魅力を創出・発信します!

①コンベンションのまちづくりの推進
11_3
目標【「エンジン01 文化戦略会議」の誘致、開催】
〇H30.12末:「エンジン01 文化戦略会議」開催
目標【各種全国大会の誘致、開催】
〇H27年:3件誘致
〇H30.12末:8件誘致
目標【コンベンション機能の強化(新市民会館、東町運動公園新体育館)】
11_4
〇H30.12末:総合運動公園体育館、青柳公園市民体育館空調整備、市民球場の再整備
②インバウンド観光の推進(外国人観光客の誘致)
目標【外国人観光客の受入体制の整備】
〇H27:Wi-Fi環境導入施設6か所
〇H30.12末:Wi-Fi環境導入施設 7か所、観光案内版の多言語化 25か所
目標【海外へ向けた観光情報の発信及びトップセールス】
〇H30.12末:訪日外国人向けPR映像制作、観光情報誌の多言語化、台湾人向け観光パンフレット作成、Webサイト「花開く!水戸市」開設(4言語対応)
③日本一から世界一の公園づくり(偕楽園・千波湖周辺の魅力づくり)
目標【世界一の公園づくりに向けた計画策定(偕楽園公園〈千波公園等〉整備基本計画)】
〇H30.12末:計画策定
目標【民間活力を生かしたイベント開催】
〇30.12末:スーパードリームレイクコンサート、ラーメンまつり、茨城メロンメロンラン水戸千波湖、SENBAKO KAWADOKO NIGHT など
④水戸の歴史ゾーン魅力アップ(弘道館・水戸城跡周辺の魅力づくり)
目標【大手門、二の丸隅櫓、白壁塀の復元】
目標【歴史・観光ロードの整備】
11_5
〇H30.12末:栄町若宮線、幹線市道1号線、上市6号線、上市247号線、上市353号線完成
⑤観光特産品の魅力向上
目標【新たな土産品の開発(10品)】
〇H30.12末:累計15品(水戸梅パイ、梅の魁、オセロチョコ、百年梅酒等)
⑥まち全体のおもてなし力の向上
目標【優良タクシー乗務員認定事業の拡充】
〇H26年度末:優良タクシー乗務員 28名
〇H30.12末:優良タクシー乗務員 42名
11_6
目標【おもてなしマイスター制度の創設】
〇H30.12末:おもてなしマイスター 72名
目標【おもてなしガイドブックの作成】
〇H30.12末:ガイドブック作成
⑦水戸の魅力発信力の強化
目標【市HPのリニューアルによる魅力向上】
〇H30.12末:調査・検討
目標【各種メディアによる情報発信の拡充】
11_7
〇H30.12末:Googleマップとあじさいマップ、マラソンマップの連動
目標【新たな情報発信サービスの研究・開発】
〇H26年度:スマートフォン向けアプリ「水戸のこと」を開発
〇H30.12末:ご近所SNS「マチマチ」の導入、黄門まつり花火大会Live配信
目標【水戸の地域資源を活用したフィルムコミッションの推進】
〇H26年度 相談件数:179件、支援件数:54件
〇H29年度 相談件数:191件、支援件数:64件、ロケ地めぐりツアー
目標【水戸大使、みと宣伝部長の活動拡充】
〇H26年度末 水戸大使:102名、みとの魅力宣伝部長 3組
11_8
〇H30.12末 水戸大使:105名、みとの魅力宣伝部長 3組
目標【トップセールスの推進】
〇H30.12末:梅まつり、黄門まつりの東京におけるPRの実施
⑧水戸のブランド化の推進
目標【水戸の梅産地づくり事業の推進】
〇H26年度 植栽面積:1.62ha
〇H30.12末 植栽面積:2.47ha、収量:0.7t、梅菓子:11社 18商品
目標【農産品、特産品の付加価値向上、販路拡大】
〇H30.12末:パパイヤ、ごま、米の販路拡大等の支援 柔甘ねぎ 県青果物銘柄推進産地指定、県青果物銘柄産地指定、地理的表示(GI)保護制度登録
11_9
目標【水戸スタイルの教育の推進】
〇H30.12末:まごころプラン、さきがけプラン、ふれあいプランの推進
目標【新たな地域資源の発見・再構築】
〇H30.12末:「オセロデー」開催、「水戸 養命酒薬用ハーブ園」開設
目標【市民のおもてなし意識の向上】
〇H30.12末:おもてなし水戸っぽ隊の創設、75団体 1,688名
目標【教育遺産群の世界遺産及び日本遺産登録に向けた活動の推進】
〇H30.12末:日本遺産の認定

5.住んで快適、遊んで満足、活力あふれるまちを創ります!

①定住人口増を目指した独自の住宅政策の推進
目標【空き家、既存住宅ストックの活用】
〇H30.12末:安心住宅リフォーム支援補助金制度創設 178件(累計253件)
目標【借上げ市営住宅システムの導入】
〇H30.12末:調査・検討
目標【子育て世帯のまちなか住みかえ支援制度の創設】
〇H30.12末:子育て世帯まちなか住みかえ支援補助金制度創設、取得29件(累計35件)賃貸2件(累計8件)
②商業施設等の新たな誘致施策の推進
目標【空き店舗補助利用件数の増(年間5件)】
〇H30.12末:5件(累計29件)
目標【市助成制度活用による企業立地推進】
〇H30.12末:5事業者(累計10件)
③歩いて楽しめる散策コース整備の推進
目標【まちなか観光散策コースの構築】
〇H30.12末:周遊ルート「水戸学の道」の設定、案内板設置 水戸学の道ウォーキングウィークの実施
④新たなまちなか交流拠点の整備(泉町1丁目北地区市街地再開発事業の促進)
目標【芸術文化の拠点、コンベンション拠点となる新市民会館の整備着手】
11_10
〇H30.12末:整備基本計画、事業推進計画策定
⑤未利用地の有効活用
目標【民間による機能的、効率的な活用の促進】
〇H30.12末:M-SPOの整備(ユニー跡地)
⑥自転車で回遊できるシステムの導入
目標【コミュニティサイクル等の実証実験に着手】
〇H30.12末:梅まつり期間等における実証実験の実施

6.安全で安心な暮らしを守り、災害に備えます!

11_12
①情報提供体制の整備
目標【消防救急情報デジタル化】
〇H30.12末:緊急無線デジタル化及びいばらき消防指令センター運用開始
目標【ICTやラジオを活用した災害情報の発信】
〇H30.12末:エリアメール、LINE、Twitter等による情報発信 防災情報伝達システムの整備
②総合防災力の強化
目標【総合防災拠点(本庁舎防災センター)の整備】
〇H30.12末:本庁舎防災センター供用開始
11_11
③備蓄物資・資機材等の充実
目標【定期的な交換・補充継続実施(H29年度 充足率100%)】
〇H26年度 充足率:94.1%
〇H29年度 充足率:99.9%
④原子力安全対策の強化
目標【東海第二原発安全協定の見直し及び権限の拡充】
〇H30.12末:安全協定の見直し及び東海第二発電所の再稼働等に係る新協定の締結 水戸市原子力防災対策会議の開催
目標【広域避難計画の策定】
〇H30.12末:広域避難計画骨子策定 県内広域避難先と協定を締結 群馬県、栃木県、千葉県、埼玉県と協定を締結
⑤重点的な雨水排水施設の整備
目標【浸水被害か所数(65か所 H24年度比:55%減)】
〇H26年度末 浸水被害か所:227か所
〇H29年度末 浸水被害か所:210か所 ※H26~29年度 新規被害か所(累計)60か所 H26~29年度 対策か所(累計) 65か所

7.市民が主役になれる、市民目線の行政運営を推進します!

①県内初の中核市指定
目標【中核市移行に向けた取組の推進】
〇H30.12末:中核市移行推進課、保健所準備課を設置、県へ実務研修性(11名)を派遣
②ICTを活用した市民サービス向上
目標【電子申請の拡充(電子申請できる手続数:30)】
〇H26年度末:22手続
〇H30.12末:24手続
目標【行政情報のオープンデータ化による市民サービスの向上】
〇H30.12末:東京大学等とのアーバンリサーチデータチャレンジ(UDC)に参加 コードフォージャパンと連携し、植物公園ハーブ園で花のカード作成
③便利で親切な市民サービスの提供体制づくり
11_13
目標【新庁舎へのワンストップ型総合窓口の設置】
〇H30.12末:総合窓口設置
④効率的で健全な行財政運営の推進
目標【市長給与20%継続カット】
〇H30.12末:給与20%カット(H23~30年度)
目標【市税収納率のさらなる向上(95%)】
〇H26年度 収納率:92.9%
〇H29年度 収納率:95.6% 収税増額 約38億円(7年累計 約166億円)
⑤公共施設の効率的な維持・管理の推進
目標【計画的な長寿命化型改修の推進によるライフサイクルコストの削減】
目標【既存ストック(PRE)の有効活用にむけた管理計画の策定・実施】
〇H30.12末:橋梁、公営住宅、公園、下水道等について、長寿命化計画に基づく改修

8.活力あるコミュニティを実現し、地域の絆を強くします!

①地域コミュニティプランの策定促進
目標【地域コミュニティプラン全地区策定】
11_14
〇H26年度末:27地区完成(残り5地区)
〇H30.12末:全地区完成
②地域を支えるリーダー育成の推進
目標【地域リーダー養成研修会の継続実施】
〇H26年度:年1回の研修会開催
〇H30年度:年2回研修会開催
③地域コミュニティ活動の環境整備
目標【全市民センターコミュニティルーム完備(H30年度)】
〇H26年度末:13か所設置
〇H30.12末:全地区設置完了(31か所)
目標【狭あいな市民センター駐車場の解消】
〇H30.12末:渡里市民センター、石川市民センター増設

9.機能性の高い快適なまちづくりを進めます!

①都市基盤の機能的・効率的整備の推進
目標【橋梁、水道、下水道、公共施設等の長寿命化計画の策定・推進】
〇H30.12末:長寿命化計画に基づく改修(橋梁、公営住宅、公園、下水道等)市民センター総合管理計画策定
目標【道路整備プログラムの策定】
〇H30.12末:調査・検討
目標【雨水排水施設整備プログラムによる重点的整備の推進】
〇H26年度末 浸水被害か所:201か所
〇H29年度末 浸水被害か所:157か所(雨水排水施設整備プログラム)
②安全・安心に利用できる公共施設整備の推進
目標【公共施設の年次的長寿命化型改修の推進】
〇H30.12末:長寿命化計画に基づく改修(橋梁、公営住宅、公園、下水道等)
③安全で快適な住宅市街地の形成
目標【狭あい道路、後退敷地整備、側溝新設・改良、舗装新設等の年次的整備の推進】
〇H26年度末:待機延長、件数、狭あい道路:24,486m 後退敷地:100件 側溝新設・改良:5,985m 舗装新設:4,498m
〇H30.12末:狭あい道路及び後退敷地整備:12,827m 側溝新設・改良:6,723m 舗装新設:3,987m

10.スポーツ活動を通してよろこびと感動を広げます!

①(仮称)水戸マラソン(フルマラソン)の開催
目標【平成28年秋第1回開催 参加者約1万人 ※継続開催】
11_15
〇H30.12末:エントリー数 【第1回】:15,380名 【第2回】:15,453名 【第3回】:15,486名
②新たなスポーツコンベンションの整備
目標【東町運動公園新体育館の整備】
〇H30.12末:竣工
③大規模大会の開催・誘致
目標【大規模大会の開催・誘致数(13大会)】
〇H26年度:東日本以上の大規模大会 11大会
〇H30.12末:大規模大会の開催・誘致数 8大会
④東京オリンピック・パラリンピック開催に係る事前キャンプ等の誘致
目標【官民連携による事前キャンプ等誘致、ホストタウン構想の推進体制の構築】
〇H30.12末:事前キャンプに係るベルギーオリンピック委員会との基本合意書締結

11.いつでも安心して受けられる医療の充実を進めます!

①安定的な医療提供体制づくり
目標【24時間対応可能な小児初期救急医療体制構築の要請】
〇H30.12末:休日夜間緊急診療所に順天堂大学からの派遣医師3名増員
目標【周産期医療の充実】
〇H26年度:医師確保のための赤十字病院への補助
〇H30.12末:定住自立圏構成市町村との連携による、赤十字病院への補助
目標【初期から第三次救急医療体制の構築】
〇H30.12末:公的病院、救急医療二次病院への補助
②質の高い医療サービスの提供
目標【看護師等の保健、医療従事者の養成支援、人材確保の促進】
〇H26年度:市医師会看護専門学院への運営補助
〇H30.12末:市医師会看護専門学院の建設、運営補助 定住自立圏構成市町村との連携による、潜在看護師等の復職支援(復職4名)

12.水と緑が輝き、人と地球にやさしいまちを守ります!

①適正なごみ処理の推進
目標【不法投棄の防止対策強化(平成24年度比 不法投棄か所20%減)】
11_16
〇H27 不法投棄か所:10.9%増(137か所→152か所)
〇H30.12末 不法投棄か所:9.5%減(137か所→124か所)
目標【安定的なごみ処理の推進】
〇H30.12末:新清掃工場、第三最終処分場建設工事
②ごみの減量化・資源化の推進
目標【ごみの減量率(平成12年度比 22%以上増加)】
〇H27 ごみの減量率:20.5%
〇H30.12末 ごみの減量率:24.1%
目標【リサイクル率(平成12年度比 20%以上増加】
11_17
〇H27 リサイクル率:20.8%
〇30.12末 リサイクル率:18.7% 使用済み小型家電の回収拠点:25か所
③省エネルギーの推進(公共施設への太陽光発電設置)
目標【市有財産貸付による民間活力活用型太陽光発電設置】
〇H27:27件(50,712㎡)
〇H30.12末:27件(50,712㎡)
④地球温暖化対策の強化推進
目標【CO2排出量(H24年度比 10%以上削減)】
〇H27 CO2排出量:4.8%増
〇H30.12末 CO2排出量:3.1%増
目標【官民連携による自転車、公共交通利用促進】
〇H30.12末:まちなか100円バス事業の実施 みとバスマップの作成 自転車通行空間の整備 バス案内板の設置(水戸駅北口)
目標【チームみとエコプロジェクト推進】
〇H27 CO2削減エコライフチャレンジ:572世帯 温暖化対策度チェック:63.5/120点
〇H30.12末 CO2削減エコライフチャレンジ:336世帯 温暖化対策度チェック:64/120点
⑤再生可能エネルギーの導入促進
目標【市内の家庭及び事業所等における発電量(50メガワット)】
〇H27 発電量:51.3メガワット
〇H30.12末 発電量:76.8メガワット
⑥千波湖水質浄化の推進
目標【アオコ除去対策強化】
〇H30.12末:アオコ集積防止装置設置、直接回収、シルトフェンスによるアオコの分離除去
目標【ビオトープ事業など市民との協働事業の推進】
〇H30.12末:千波湖環境学習会 千波湖水質浄化実行委員会によるビオトープ(3か所)の整備

13.県内外の市町村との連携により、水戸の都市力を高めます!

①県央地域首長懇話会の連携強化
目標【定住自立圏の構築】
〇H30.12末:医療、福祉、地域公共交通等の分野における事業実施
目標【広域的な観光ネットワークの構築】
〇H30.12末:物産イベントの開催・県央地域周遊モニターツアーの実施(いばらき県央地域観光協議会)
11_19
②北関東中核都市連携会議の継続
目標【広域的な観光ネットワークの構築】
〇H30.12末:北関東400kmブルベ、きたかんマルシェの開催 外国人による北関東4市動画コンテスト(H30年度)
目標【防災・危機管理における連携推進】
〇H27 災害時相互支援に関する協定の締結(H26.8)
③市町村合併推進
目標【政令指定都市構想の検討】
〇H30.12末:調査・検討

14.活き活きと働ける地域産業の元気を支えます!

①米・野菜等のブランド化と農業経営の効率化及び販路拡大の推進
目標【ブランド「みと野菜」の構築】
〇H30.12末:柔甘ねぎ 県青果物銘柄推進産地指定(H28.7) 県青果物銘柄産地指定(H30.2) 地理的表示(GI) 保護制度登録(H30.2)
11_18
目標【付加価値向上(3品目)】
〇H27:6品目(柔甘ねぎ、パプリカ、水戸っ穂 風彩常澄、水戸の本格いも焼酎、内原っ娘、梅レアチーズタルト)
〇H30.12末:8品目(米粉麺〈穂々の空〉、水戸のワイン)
目標【国営緊急農地再編整備事業等による大規模化の推進】
〇H30.12末:大野地区、塩崎地区における事業実施
目標【転作及び飼料用米への転換推進】
〇H30.12末:麦、大豆、飼料用米等を生産する組織への支援
②新しい価値観や若い世代のアイデアを積極的に活用した商店街づくりの推進
目標【支援制度の拡充】
〇H27 商店街活力アップ事業:交付8団体 商店街活力向上事業:交付2団体
〇H30.12末 商店街活力アップ事業:交付14団体(累計50件) 商店街活力向上事業:交付1団体(累計10件)
目標【産学官連携による新たな手法の検討】
〇H30.12末:調査・検討
③6次産業化の推進
目標【農商工連携の仕組みづくり】
〇H30.12末:調査・検討
目標【農産物等加工・販売施設の整備促進】
〇H30.12末:調査・検討
目標【農産物加工品の商品開発、販路拡大への支援】
11_20
〇H30.12末:パパイヤ、ごま、米の商品開発、販路拡大に向けた支援
④企業誘致の推進
目標【新規企業等立地数(市助成制度活用による立地数:25事業者)】
〇H30.12末:誘致件数 16件
⑤インキュベーションの推進(創業支援)
目標【関係機関と連携した創業支援セミナー等サポート体制の充実】
〇H26年度:創業支援ネットワーク協議会設立
〇H30.12末:創業支援利子補給補助金設立 補助14件(累計35件)
目標【インキュベーション施設の整備促進】
〇H30.12末:コワーキングスペース水戸「wagtail」開設



M-Mission74
1 学ぶ子の夢と希望を育む〔子育て・教育〕22施策
2 暮らす人の安心がふくらむ〔福祉・防災・消費生活〕18施策
3 働く人の豊かさを実現する〔地域経済〕13施策
4 美しいまちの環境を守る〔生活環境〕 11施策
5 新しい時代の信頼を築く〔行政運営・市民協働〕10施策
ページの先頭に戻る