人口と経済の展望

人口

目標人口

市民所得の見込み 県都として、本市の役割や将来都市像を踏まえ、活力ある都市としていくためにも、新たな人口の流入を促進することが必要です。そのため、都市の魅力を高める施策を総合的に展開しながら、人口の定住化によって、2023年度においては、27万人を目標人口として設定します。

目標交流人口

2023年度目標交流人口 都市の活力を維持し、発展していくためには、水戸を訪れる人、いわゆる交流人口の増加を図ることも必要です。
 そのため、新たに、人、物、情報の交流を通した新たな活力、にぎわいの創出によって実現を目指す「目標交流人口」を定め、2023年度においては、観光交流人口として450万人、生活圏交流人口として80万人を設定します。

経済

市内総生産・市民所得

市民所得の見込み 国においては、長期にわたるデフレと景気低迷からの早期脱却を図るとともに、中・長期的には、民間需要主導の持続的な経済成長を目指すこととしています。
 水戸市においても、地域経済の活性化に資する施策等を総合的に展開し、交流人口の拡大による経済効果を高めながら、緩やかに成長することを見込むこととします。