都市空間整備計画

概要

 人口減少社会、超高齢社会の到来などを踏まえ、これまでの拡散型の開発志向から、集約型の持続可能な都市構造に転換していくことが必要となっています。
 本市は、時代の変化に対応できるコンパクトな都市構造を展望し、地球環境の保全とともに、豊かな自然環境と共生するエコなまちづくりを進めます。
 それを基調として、都市核をはじめ、産業系拠点、地域生活拠点、交流拠点をスマートに配置し、それぞれの機能や魅力の向上・集積を図り、連携を強化しながら、地域の活力、都市全体の発展への活力を高めていきます。
 そして、災害に強い都市構造を確立し、住む人にやさしいスマートでエコな先進都市づくりを目指し、四つの視点からの都市空間整備を総合的に進めます。

都市空間整備計画イメージ図

四つの視点からの都市空間整備

  • 水と緑の潤い空間づくり
  • 都市核・拠点の機能強化・充実と快適な生活環境づくり
  • 災害に強い都市基盤づくり
  • 地域特性を生かした魅力あふれる交流ネットワークづくり

都市空間整備計画イメージ図