総合計画

役割

  • 総合的かつ計画的な行政運営の指針
  • 市民、事業者等の社会経済活動全般の指針

基本構想

本市の目指す将来都市像を描き、実現するために必要な施策の大綱を定めます。
期間は、2014(平成26)年度から2028(平成40)年度までの15年間とします。

基本計画

将来都市像の実現のため、到達を目指す目標水準(人口、経済など)や具体的な施策を定めます。
期間は、2014(平成26)年度から2023(平成35)年度までの10年間とします。

進行管理

PDCAサイクルにて(下図の形)で、毎年度3ヶ年実施計画を策定し、市民懇談会の意見、実績評価などを反映させながら、事業の見直しを行い、適切な進行管理による総合計画の推進を図ります。

PDCAサイクル

※PDCAサイクル:事業の進行を管理する手法の一つです。計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→ 見直し(Action)という4段階の活動を繰り返すことにより、継続的に事業を改善していきます。

総合計画策定における市民参加

市民の視点からのまちづくりを基本とし、市民1万人アンケートをはじめ、地域との懇談会や大学と連携した取組など、さまざまな市民参加の手法を実施しました。

未来の水戸をつくる市民1万人アンケート
未来の水戸をつくる市民1万人アンケート
魁のまちづくり地域懇談会
魁のまちづくり地域懇談会
水戸未来市民討議会
水戸未来市民討議会
総合企画審議会
総合企画審議会
大学生によるまちづくりプレゼン(常磐大学)
大学生によるまちづくりプレゼン
(常磐大学)
未来の水戸をつくる市民1万人アンケート
わたしたちがつくる水戸のまち
絵画・作文コンクール